9月22日 2022年度秋季全国鶏病技術研修会《開催案内》

開催日時:2022年9月22日(木)10:00~16:00

開催場所:和歌山県民文化会館+Web開催(新型コロナの発生状況によりWeb開催のみに変更の可能性あり)※後日オンデマンド配信予定

和歌山市小松原通一丁目1番地 TEL:073-436-1331

参加費:会員(無料)、非会員(2,000円)

※Web参加には事前申し込みが必要です(9/15〆切)

お申込先:鶏病研究会事務局(keibyokenkyukai@keibyo.jp) fax:029-836-8533

テーマ:「養鶏で問題となる疾病と対策

 

開会の辞 鶏病研究会和歌山県支部長                         10:00-10:05

理事長挨拶 鶏病研究会理事長                              10:05-10:10

来賓挨拶 和歌山県農林水産部長                           10:10-10:15

事務連絡(司会)                                        10:15-10:20

 

演 題

1.2021-2022シーズンの高病原性鳥インフルエンザの性状と来シーズンの展望

迫田 義博 (北海道大学)10:30-11:05 (35分)

(座長 山口成夫)質疑応答 11:05-11:15(10分)

 

2.高病原性鳥インフルエンザ対策としての消毒

竹原 一明(東京農工大学)11:15-11:50(35分)

(座長 磯部 尚) 質疑応答 11:50-12:00(10分)

 

<支部長会・休 憩>                                    12:00-13:20(1時間20分)

 

 

3.食鳥処理場および卵選別包装施設で問題となるカンピロバクターおよびサルモネラの制御

佐々木 貴正(国立医薬品食品衛生研究所)13:20-13:55(35分)

(座長 内田幸治)質疑応答 13:55-14:05(10分)

 

4.採卵養鶏場で問題となる疾病と対策

栗原 朋子(株式会社トマル)14:05-14:40(35分)

(座長 森腰俊亨)質疑応答 14:40-14:50(10分)

 

5.ブロイラー養鶏場で問題となる疾病と対策

岡本 花子(株式会社十文字チキンカンパニー)14:50-15:25(35分)

(座長 橋本信一郎) 質疑応答 15:25-15:35(10分)

 

総合討論 (座長 理事長)                          15:35-15:50 (15分)

2023年度開催案内(中国・四国地区)                        15:50-15:55 (5分)

閉会の辞 鶏病研究会副理事長                            15:55-16:00 (5分)

ホーム > 研修会, 研修会(2022年) > 9月22日 2022年度秋季全国鶏病技術研修会《開催案内》